借金の返済に困ったので任意整理をしました

借金の返済に困ったので任意整理をしました

借金の返済の負担が大きくて支払いが困難になったので、任意整理をしました。

 

任意整理をしてよかったのは、弁護士に相談した時点で請求が止まり、交渉が完了するまでの間返済がストップできた点です。
また、どうやら過払い金が発生していたらしく、過払い金の分で借金が大幅に減らすことができました。

 

さらに、利子をゼロにしてもらいましたので、毎月の返済がかなり楽になりました。

 

正直、任意整理をしても返済は困難で、破産をするしかないかと思っていたので、とても助かりました。
利子はゼロにしてもらったものの、やはり借りたお金はきちんと返したいですから。

 

任意整理とよく比較されるものとしておまとめローンがあります。おまとめローンは、複数の業者から借りている借金を1社にまとめることです。

 

多くの場合、金利が低くなるので、返済の負担は減らせます。
しかし、私の場合のように、過払い金が発生している場合には任意整理をしたほうが圧倒的にお得です。

 

ただし任意整理をすると、信用情報がブラックになってしまうのでおよそ5年間はクレジットカードが使えなくなります。

 

これは少し不便ですが、プリペイドカードやデビットカードは問題なく使えますので、そちらで代替できます。
借金の返済に困ったら、早めに弁護士などに相談することをお勧めします。
相談をせずにいたらどんどん状況が悪化して、破産をするしかなくなるかもしれません。

任意整理とその方法について

任意整理とは借金をした人にあたる債務者が借金の貸主である債権者と交渉をして、
借金の減額や利息の引下げ、また、返済に関しての分割を承諾してもらったり、月々の返済額を減らしてもらって借金整理をする方法のことを指します。

 

方法としては、まず、借金に関しての総額と債権者を確定することが必要となります。

 

総額に関しては現時点で残っている金額だけでなく、利息制限法を超える部分については
それまでの返済額を法律の則って再計算をし、その上限金利で計算したものを使用します。

 

いわゆる、グレーゾーンの部分については差引をするということです。次に、返済計画を作成します。

 

借金の総額を確定したら、資産がある場合などには自分の資産を処分したり、
また、親族などからの援助で全額返済ができるような場合には一括返済案を作成します。

 

もし、それが無理な場合には分割返済案を作成します。

 

その後、各債権者との交渉を行い債権者全員の同意を取りつけます。
任意整理を行う場合に注意すべき点は、分割返済案作成において無理な返済計画を立てないことが大事なこととなります。

 

また、あまり長い期間を設定するのことも、債権者からの同意を得るには難しくなる場合があります。

 

任意整理を行う場合には弁護士に依頼をした方がスムースにいくことが多く、その交渉は専門家が行うことによってまとまる確率も高くなります

任意整理のメリットとデメリットについて

任意整理は、メリットとしては元金のみの支払いとなります。

 

裁判所、司法書士、弁護士等から相談することにより行うことができます。
正直な話、裁判所で相談することがコスト的に負担は、軽くなります。

 

借入した消費者金融に、通達するだけなので切手代くらいしかかかりません。

 

任意整理は、返済計画書の作成など必要になります。返済計画は3年を目処に作成します。
例えば、元金のみ支払いが200万円あれば、月当たり65,000円くらい支払いを行います。

 

借入を行った消費者金融に、何社あるかにもよりますが、借入消費者金融×振込手数料が毎月もしくは、3ヶ月に1回払います。

 

返済計画書、弁護士や司法書士と相談しても作成はできますが、ある程度金額はかかりますが、
そのまま債務整理なしで支払をするよりも、利息などを考える安くで済みます。

 

任意整理は、支払いが遅れると、延滞金が発生します。延滞金は、法律で決められている範囲ですが負担は大きいです。

 

任意整理のデメリットは、支払いが終わって5年〜7年は、金融機関から借入できないことです。
生活に関わることなの、判断は自分で考えて選択します。支払いの負担が軽くなれば生活は楽になります。

 

任意整理が、厳しい方などは個人再生や自己破産などもあります。